TOPICS
バザーやオークションも立派なエコ活動

エコのリユースの代表である呉服

エコ社会という理念が提唱されてきて、私たちの意識も高まりました。
牛乳パックや発泡スチロールまたペットボトルのリサイクルは、老若男女を問わず定着しています。
ゴミの分別も日本全国各の地方自治体で日が決められ、それを守らない人々は白い目で見られるほどです。

個人でもモノを買った時、その包装がどのゴミの分別になるかが真っ先に頭に浮かぶのではないでしょうか。
しかしこうしたリサイクルは現代に始まったものではありません。古くは着物の時代から、私たち日本人は資源の再利用をしていたのです。

すなわちリユースの代表はこの呉服だと言っていいのです。

大量生産・大量消費とは無縁だった時代、日本人の着物は今では考えられない程、エコな日常着でした。

子どもが多かった昔は、日常着のかすりの着物は兄弟の上から下へと使い回しされました。
その結果一番上は常に新調してもらえるのに、下の弟たちはいつもお下がりしか着せてもらえないという事情も出てきたのです。

その他、古くなった着物も洗い張りをして仕立て直せば、また新しく生まれ変わったのです。

大切な布は、最後に雑巾になるまで使用されました。
これは究極のエコだと言えます。
大量生産大量消費が批判され、もったいないという言葉が蘇ったのは、こうした昔の方法を見直したということです。

他方既に仕立てられた着物のリユースは古くから行われています。
江戸時代の昔から古着の呉服屋が存在しました。
現代でも古着専門の呉服店が大量の着物を取引しているのはよく知られています。
不思議に洋服は簡単に捨てられても、着物は捨てがたいものです。

日本人の民族衣装である着物は、その特徴から本質的にエコで素晴らしい装いなのです。