TOPICS
バザーやオークションも立派なエコ活動

使い捨ての時代からリユースのエコな時代へ

今までの日本は大量生産、大量消費の時代を歩んできました。
そしてモノを使い捨てをするということを当たり前の様に繰り返してきました。
昨今では限りある資源やエネルギーを有効的に使っていくためにリユースが推進されています。
使い捨てをするのではなく再利用できるモノはリユースをしていくということです。

今現在あるモノを有効的に活用して、使い捨てるのではなく再利用をすることでモノを生産するためのエネルギーを抑えることができます。
再利用をするという気持ちを持つことでエコロジーな生活を営む事ができます。

リユースとは再利用をするということです。

リユーズではありません。大量生産、大量消費で使い捨ての時代からリユースの時代に移り変りつつあります。
自分達の生活のなかで出来ることは多くあります。
壊れたモノは修理をして長く遣う努力をすることや、購入してきたモノの中に入ってきた箱や瓶などを有効的に活用をする。フリーマーケットなどで古着を買ったり、中古のモノを買うということもリユースのひとつです。

中古車を買うということもリユースであり、エコロジーにつながります。
一人ひとりが気づかいながら今直ぐ出来ることを実践していくことがとても大切です。

再利用をするというリユースは多くの企業や自治体でも取り組みが推進されています。
リユースは、限りある資源やエネルギーを節約して、地球環境の保護のことも考慮した取り組みであるといえます。