TOPICS
バザーやオークションも立派なエコ活動

エコを推進するならリユースがある意味究極

ゴミの増加はだんだんと日本でもエコ意識の高まりで徐々にではありますが浸透してきております。
その対策の一環はリサイクルであります。
そのリサイクルのために不要になった玉子パック、牛乳パックやペットボトル、アルミ缶やビンやプラスチックのトレイなどが店の前で回収できるような施設が出来上がっていたりなどして一般市民の協力をする人の数と回収量は確かに増えてきております。
それらは随時工場に回収されて選別されたうえで異物がないか確認の上で粉砕されて新しい製品の原料として利用されるのであります。
確かにこれも無駄にゴミを増やさないためのエコな対策の1つであることに間違いはありません。
しかしながらエコはリサイクルだけではありません。一度出来上がった製品を基本そのまま再利用するリユースという方法もあるのです。

そのもう1つのエコであるリユースですが、これはドイツでは積極的に利用されている方法の1つで国民の多くに支持されているやり方であります。
つまり一度出来上がったビンやペットボトルは物理的に破損してダメになるまで何度でもそのままの形で再利用しようというわけです。

もちろん再利用前は中身が入っていて少しは汚れているので徹底した洗浄と殺菌の必要はあります。
しかしコストが少々リサイクルに比べて割高になる可能性もあるという指摘もあります。
その点で日本ではあまりリユースは普及をしていないのですが、ドイツでは生産者自身の責任でゴミを回収したり高額なライセンス料を支払って第3者に依頼しないとならないのです。

そのために生産者自身はかなり気を使うようになってゴミを減らすために躍起になっているのですが、日本ではリユースという概念がまだ希薄なのでそれを普及させるためには容器のキャッシュバック方式を取り入れるなどの意識改革対策が国全体で推進する必要があるのは間違いありません。