TOPICS
バザーやオークションも立派なエコ活動

エコに大事な3Rの1つであるリユース

エコという言葉が身近に聞こえるようになった今、世界中でエコすることが叫ばれています。
エコは地球にやさしく、環境に優しく、そして私たちに優しいですね。エコは様々なエコがあり、それぞれいろんな効果を出します。
そんな中で皆さんも一度は聞いたことがあるでしょう。リユースという言葉を知っていますか。リユースはエコという言葉と関係が深いです。

リユースとは簡単に言うと、再使用です。

一度使われたものを繰り返し使うことを意味します。
リユース(reuse)は環境用語の1つで、ぞくにいう3Rの中の1つです。

3Rとはリユース(reuse)・リデュース(reduce)・リサイクル(recycle)のことで、それぞれ、リデュースはごみの排出を抑制することで、リサイクルはごみの再生利用です。

まずリユース、再使用とはたとえば何があるでしょうか。私が思いつくのは、シャンプーや洗剤・ソースなどのつめかえ用を買うことが1つです。

いちいちその容器を買うと資源の無駄遣いになってしまうので、できるだけつめかえで買えるものは詰め替え用にすることがいいです。

また、昔着ていたお洋服でもう入らない、というものをおさがりという形で兄弟や親せき、友達や知り合いに譲ってもう1度使ってもらうこともリユースの1つだと思います。
また、バザーなどもリユースですね。また、バザーなどでいらないものを他の人に売って使ってもらうこともいいです。

リユースだけでなく、3Rなども私生活で利用して、地域でそういうリユース循環社会を作ればもっといい環境ができると思います。