TOPICS
バザーやオークションも立派なエコ活動

1番エコだと思うリユース

まずはリサイクルについて考えてみたいと思います。
ちょっと前までリサイクルとリユースの区別が分かりませんでした。
そこで分かったことなんですが、リサイクルはよく見るマークの通りその物が一周するといったイメージだと思います。
詳しく説明するためにペットボトルを例にあげたいと思います。
リサイクルは使い終わったペットボトルを一度、ペットボトルではなくしたあとになんらかの工程を踏まえてもう一度ペットボトルになる感じだと思います。
もちろんこれもエコです。

次に肝心なリユースについてです。

知らず知らずに世の中の多くはリユースだと思います。
中古車や中古本、おもちゃなどもです。

リユースのリは、もう一度などの意味だと思います。
そしてユースは使う。つまり、もう一度使うということになります。
リサイクルとの違いはペットボトルならペットボトルをそのまま使うということです。

このとき基本的には綺麗に磨いたり、修理したり手を加えると思います。
しかしペットボトルという原形を変えることはしません。リユースの最大の利点は、そのままの物、デザインで再利用できることだと思います。
次に使う人が気に入れば多少汚れていようが不恰好だろうが問題ないからです。

それに一度も形を変えることなく再利用できるということに関しては、これ以上のエコはないのではないでしょうか。

こうして比較して改めて思ったことは、どちらもエコということです。

地球温暖化やゴミの置き場がなくなっている問題があることから、これから先は今まで以上にリユースなどが注目されることになると思います。

注目のキーワード